スポンサーサイト

  • 2016.09.09 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    2013年見た映画

    • 2013.12.11 Wednesday
    • 08:36
    今年見て面白かった映画です。
    ほぼDVDで見たのが多いので「今年の映画」というわけではない。
    あくまで僕が今年見た映画。

    『インセプション』

    ノーラン監督大好きです。展開のテンポの良さとアクションもあるのでボーっと見てるだけでも面白いし、多重構造の複雑な構成を深読みするのも楽しいです。

    『パンズラビリンス』

    現実とファンタジーの入り乱れるスペイン映画。スペイン内戦モノにはずれなし。美しさとグロテスクさは表裏一体なんですね。ハッピーエンドとバッドエンドも。

    『パシフィック・リム』

    パンズラビリンスと同じギレルモ・デル・トロ監督の超大作映画。燃える展開を詰め込めるだけ詰め込みました!!っていう吹っ切れぶりの特A級の娯楽映画であります。ひとつ言うならばプラグスーツは橋本愛ちゃんに着てほしかった・・・。

    『風立ちぬ』

    真面目に生きることって不条理なんですよね。真面目に生き、真剣に人を愛している人ほどこの映画は心に響くはず。僕程度でもすごくいい映画だったので真面目な人におすすめです。逆に不真面目に生きてる人にはなんのこっちゃっていう映画だと思います。

    『ホステル1,2』

    嫁の居ぬ間にスプラッタホラー。「ホラーに不可欠なのは美女とギャグ」が持論なのですがとにかく美女成分がすごかったホステル。1の東欧美女の芸術的なまでの美乳と2の主人公のキャワイさよ。

    『あるいは裏切りという名の犬』

    これぞおっさん美学。正義よりも悪よりも”生き様”をつらぬく男の物語(警察なんだから正義もつらぬけよ・・・)。映像も美しかった。深夜に電気を消して観よう。

    『桐島、部活やめるってよ』

    桐島はでてこない。神木クンは桐島じゃない。

    『ゆれる』

    2013年最後に見た映画。一人で夜中に見て、一人スタンディングオベーション。人物の心の機微が細やかに表現されていてとても素晴らしい映画でした。こんな風に人物が描けるだなんて監督脚本の西川美和という人はどのように人を見ているんだろうか。観る人によって違うストーリーを描きだす映画だと思います。香川照之の演技もすばらしかった。脚本、役者、演出の揃った映画だと思います。

    スポンサーサイト

    • 2016.09.09 Friday
    • 08:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM